多野藤岡広域消防本部

Tanofujioka Fire Department

多野藤岡広域市町村圏振興整備組合

<

年末年始の火災予防

 

年末年始時期は、空気が乾燥し暖房器具や火気を使用する機会が増えることから、火災の発生が増加する恐れがあります。
年末のあわただしさから、火の取り扱いがおろそかになりがちなこの時季に、防火意識をより一層高め、ご家庭や職場から火災を起こさないようにしましょう。
かけがえのない生命と財産を守るために、火の元には十分注意し、火災のない年末年始を過ごしましょう。

住宅火災 いのちを守る 7つのポイント

【3つの習慣】

①寝たばこは、絶対やめる。
②ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
③ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

【4つの対策】

①逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
②寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎製品を使用する。
③火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
④お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

【こんなことにも注意しましょう!】

・消毒用アルコールなどは非常に燃えやすいため、火気の近くでは使用しない。
・たばこの投げ捨てをしない。
・電気コンセントのほこりを時々掃除する。
・ストーブの上に洗濯物を干さない。
・石油ストーブは、火を消してから給油する。
・住宅用火災警報器を定期的に点検する。

  

>>ページのトップへ