「消防法施行規則の一部を改正する省令」(平成18年9月29日 総務省令第116号)により、平成18年10月1日から防火優良認定証のデザインが変更されました。
 防火優良認定証は、消防機関の特例認定を受けた防火対象物において表示できるものであり、利用者等への安心・安全情報の提供を趣旨とするものです。
 なお、平成18年10月1日において、既に表示されている旧規則別表第1の2による防火優良認定証は、法第8条の2の3第4項第1号の規定により、効力が失われる日(原則として当該認定を受けてから3年後)までの間、引き続き使用することができます。